BT-C3100 V2.1 by OPUS Review PART2

前回に引き続き、今回はOPUS BT-C3100の各種機能で遊んでみました。

❖充電機能を実際に使ってみた。

VAPPOWER  IMR 35A /2500mAhをDNA40D判断で「Week Battery」となった段階で、充電を実施してみました。

1000mAh充電で2時間半程度。累計充電容量は2300mAhと、なかなかの数字を出してくれました。このバッテリーはまだまだメモリー効果はなさそうです。
仕様上スペックでは書いてなかったのですが、1・4スロット(両サイドの2スロット)は最大充電電流は2000mAhまで可能です。
ただし、それは1・4スロットのみで充電している場合だけで、真ん中の2・3スロットと併用するとスペック表と同じく
1000mAhまでに制限されます。
 ここでおかしなことあります。
1・4スロットを同時に2000mAhに設定できること。
すべてのスロットを同時に1000mAhに設定できること。
入力電流規格は3Aなのに・・・・
海外のフォーラムや資料を探したところ、実際の測定値に異常が出ることがないことは確認できました。
ACアダプタは公称スペックの1.5倍くらいは出力するらしいので、安全マージンギリギリを攻めた結果4Aの充電も可能と判断できます。
ただし、安全マージンを攻めることにより機器やバッテリーへの異常が発生する可能性が上昇するので、設定できる=安全とは考えないようにしましょう。

❖クイックテストを実際に使ってみた

 手持ちの電池をすべてクイックテスト実施し、それぞれの内部抵抗値(出力インピーダンス)を測定しました。
 DSC01739
Efest 10A /3100mAh・・・ほぼ使っていない
AW  20A /2200mAh・・・2ヶ月使用
VAMPED 20A/2300mAh・・・10回ほど充放電
VAPPOWER 35A/2500mAh・・・3回ほど充放電
 DSC01736
 ここから充電機自体の抵抗値(約-30ミリΩ)を差引くとバッテリー自体の値となります。
数字が少ないほど品質の良いバッテリーと言えます。
因みに、VTCシリーズはこの充電器で測定すると20ミリΩ前後らしいです。
 内部抵抗値はバッテリーの品質を評価する項目として計測します。
20-80ミリΩがGoodなバッテリーです。もし表示が500以上だと大電流には耐えられないので、VAPEでは使用非推奨な電池です。

❖OPUS BT-C3100 VS XTAR VP4

スクリーンショット 2015-03-22 20.47.09

日本で比較的入手しやすいXTAR VP4と比較してみました。

完全に積んでる機能の差がでてしまいますね。しかし、電池をただ充電したいだけならば、簡単操作のほうが使いやすいのかなと思います。

ちなみにVP4は出力調整幅がMAX1Aですが、それは充電器全体の出力なので、本気で勝負したら負けてしまいます。

❖まとめ

 いかがだったでしょうか。多機能充電器はとにかくできることが多い反面、使い方も玄人志向になっています。
使い方さえ覚えればなんら問題はないので、バッテリー品質のチェックなんかやってみて評価できるとさらにVAPEにのめり込むことができるんじゃないかと思います。
こちらで購入が可能です(海外通販です)

にほんブログ村 健康ブログ 電子たばこへ←良かったらクリックお願いします!
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です