こいこい(Koi-Koi) by MK Lab Review

5EpNRJNY本日はリキッド「こいこい」のレビューです。

こちらはMK Labより商品提供いただきました。

MK Vapeといえばこちらのロゴで馴染み深い国産リキッドメーカの一つです。
「MK Vape Original」「Bumblebee」シリーズは初心者にもおすすめできる抜け目ないラインナップに加え、「団地妻」というとんでもない変化球をリリースしSNSで話題沸騰となりました。

今回は「Koi-Koi」シリーズとして新たにラインナップされました。

〜公式サイトより引用〜

VG濃度を極限まで高めたハイスペック爆煙シリーズ。
流行りのサブΩアトマイザーで使用しても風味がとばず、
スターターで吸っても濃厚な香りを楽しめる絶妙なバランスを実現しました。
花札をモチーフとした和の心を感じるラベルにてお送りします。

JPV meetでプレ販売が行われていたのですが、基本的にリキッドはmentholじゃないと吸えないのでノータッチだったんです。
その後購入した人々が激推ししており、発売はまだか、まだかと地団駄ふんでいたのをみて気になってしまいました。

封筒からすでに甘い匂いが漂ってきています。まだ未開封なんですが・・・
「甘い系」のリキッドはGVC吸って以来の挑戦です。

ラベルが和紙の上に和風のイラストが描かれています。このテイストは大好きだった漫画「さよなら絶望先生」を彷彿とさせ好感が持てます。
VG MAXということで、香料以外は限界までVGで作られています。
リキッドも当然ながら堅い堅いです。普段爆煙とかサブオームは滅多にしないのでこの手のリキッドも初体験。

❖Misty Draw – 霧流れ

koikoi-4バニラ+ハニーデュー
「ハニーデュー」単体ですとMK Vapeシリーズの中でも大人気商品です。
Gamma RTAで温度管理状態で吸ってみました。

・・・ああいいですね。(リキッドレビュー下手)
Ti コイルで430-450Fほどが好きな温度でした。VG多いのでもうちょっと炊いてあげてもいいかもしれないです。
温かいミストが口いっぱいに広がり、最初にバニラを感じます。
しかし吐き出すときには甘さは残らず、ほのかにメロンの香りが残る。

❖Rainy Draw – 雨流れ

koikoi-5バニラ+ドラゴンフルーツ
「MK Vape」シリーズのVanilla Dragoniumを改良したリキッドです。
前作よりも甘みが抑えられているとこのとで期待。
HW環境は霧流れ同様で吸ってみました。
バニラ感をベースにドラゴンフルーツのフルーティーな味わいが広がります。
ドラゴンフルーツ自体を食したことがないので再現度については言及しかねますが、スッキリした香りが抜けるのでくどくない。チェーンするならこっちのほうが好きになれそうです。

❖ニコチン添加

koikoi-1私はニコチンユーザですのでもちろんこちらにもニコチンベースを添加しました。
3mg/mlくらいが目標値。
1周間ほどステープを実施しました。きれいな鼈甲色に変色したら頃合いでしょうか。
VG MAXの上への添加になりますので、よーくステープしたほうがいいです。

❖まとめ

koikoi-3一番驚いてるのが私がmenthol入っていないのに吸えているということです。
他のバニラ系のリキッドと違う点としてはリキッド味をつけているというよりは香りを全面に押しているイメージ。
口の中に溜め込んで吐き出す間は鼻孔を擽るのですが、出しきるとさっぱりしている。
しかしそれは儚いものではなく低抵抗でもしっかり付いてくると言った具合です。

たまたま発見したのですが居酒屋で吸ってるとすごく旨い!(原因不明)
揚げ物との相性がよかったのでしょうか、こんどは分厚いハムカツでも食べながら吸いたいです。

こちらの2種のリキッドは本日11/5より発売が開始されます。
取り扱い店舗については下記リンクのMK Labさんのページにてご確認ください。

提供:MK Lab
にほんブログ村 健康ブログ 電子たばこへ←良かったらクリックお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です