YUMINA MINI KISS BATTERY CASE TELESCOPIC by GUS MOD

今回は「YUMINA MINI KISS BATTERY CASE TELESCOPIC」
をご紹介します。
こちらは製造元のGus MODより提供いただきました。

初のMechanical MODのご紹介です。

Yumia-1-2

❖チューブ

Immo+とフィッティングしました。

Yumia-1

大人なDesignですねぇ

横ストライプ上に深い溝が入っている上に網目状の模様が入ったGusの「Kiss」シリーズです。凹凸が激しいので布がいちいち引っかかりやすく、メンテナンスがちょっとしづらい印象を受けました。

Yumia_2-2

Yumia_2-1トップにはGusの象徴王冠マークとシリアルナンバー

Yumia_2-3ボトムにはGusのサインとシリアルナンバーが刻まれています。

❖テレスコピック

チューブは上半分と下半分で分断可能で、その間を回しこんで調節することで様々な長さのバッテリーを挿入することができます。

Topからswitchまでの長さは以下の様な感じです。
18350  : 50.00mm

Yumia-8

18500 : 64.00mm

18650 : 80.00mm

Yumia-9

Batteryの長さ+15mm程度と、比較的コンパクトに収まります。

テレスコピックスレッドの動作は非常に軽快で気持ちいいです。しかし、軽快すぎるので、持ち歩いている時にちょっとだけ緩んでしまうかもしれません。最初のFire時にはちゃんと締め込まれているか確認しましょう。

❖ハイブリッド接続

Yumia-11

ハイブリッド接続とは、トップキャップがなく、アトマイザーのコンタクトピンが直接バッテリーのPOSITIVEに接触する仕組みのことを指します。

このおかげで、トップキャップ分の厚みがなくなり更にスマートな形状を演出してくれます。もちろん、バッテリーとアトマイザーとの障害がないのでコイルの立ち上がり具合の向上にもつながります。

Yumia-5こちらの付属品のハイブリッドアダプタをアトマイザーに予めセットして挿入します。

yumina-1

※Adapterとアトマイザの判別がつきやすいように黒にしてみました。

Yumia-12

アトマイザーとMODの隙間が完全に消せるので自然な接続感が得られます。

Yumia_2-5

アトマイザー側のPositiveが接点が完全に飛び出ていないか、調整不可能な場合は同梱されているこの黒いパーツを使います。

Yumia_2-6

本体上下を一旦分解し、上半分のチューブの下から挿入してこのようになりました。サイズは完全にピッタリであり、テレスコピックの為の溝が切られているので少々入りくいですが、デルリンで出来ているので多少は曲げ耐性があります。斜めに挿入して最後に整えるとgoodにハマります。

このパーツを挟むことで電池のPositiveが確実にアトマイザー側のPositiveとのみ接点するようにできます。

❖スイッチ

Yumia_2-10

GUS MODといえばスイッチ面には指紋と王冠のマーク。大きく22と刻まれており、22ミリ径ですよ!アピール。

中央の穴は裏からヒューズを押し上げて取り外すためのものです。

ロック方式はリングを回して固定するタイプで、ボコボコとしているので比較的つまみやすい形状ですが、ロックリングとスイッチパーツ自体を外すThreadがすべて同じ方向に緩んでしまうときがあります。
ついでにいうとテレスコピックも同じ方向ですのでそれも緩んでしまうかもしれません。

開放時:金色の部分が飛び出る状態になるためスイッチが押せる

Yumia_2-9

ロック時:リングが下にズレている為スイッチが押せない状態になる

Yumia_2-8

スイッチの押し心地は良好です。端の方を押してもちゃんと通電してくれます。

■ヒューズ内蔵

Yumia-2

  Mechanical MODですが、保護機能の為にヒューズが内蔵されています。こちらの商品はNegative側のBattery接点に埋め込まれています。もし定格以上の電流が流れた場合、ここでせき止めることでバッテリーの暴発を防いでくれます。

購入した時にすでに7Aのヒューズが挿入されており、スペアで12Aと7Aのヒューズが1個ずつ同梱されております。

Mechanicalなのに安全設計。初めての人でも安心してご使用いただけます。ただし、ヒューズは消耗品なので全部飛ばしてしまった場合はスペアパーツのみの販売も行っているのでそちらから購入しましょう。

じゃぁ爆煙はできないのか?というとそういうわけでもありません。7A = 0.6Ωまで、12A = 0.3Ωまで使用できるので、設定次第で安全な爆煙を楽しむことができます。

❖まとめ

Authenticでもものすごく高値ではないのもGusのいいところです。
Designが好きでかつ安全にMechanical MODを運用したい人はGUS MODすごくいいと思います!

またハイブリッドで背を低くしたい人にもオススメできます。

0.3Ω以下のCloudChaseは仕様上無理ですのでその点だけおわすれなく。

提供:GUS MOD
商品ページはコチラ

にほんブログ村 健康ブログ 電子たばこへ←良かったらクリックお願いします!
にほんブログ村

「YUMINA MINI KISS BATTERY CASE TELESCOPIC by GUS MOD」への8件のフィードバック

  1. はじめまして、初めてのMechanical MODの購入にこちらを購入したいと思っているのですが こちらに入れるバッテリーはフラットトップでよかったでしょうか?
    素人丸出しな質問で申し訳ありません^^;

    1. >みっくん さん
      コメントありがとうございます。Yuminaの場合はハイブリッド接続なのでニップルトップのBatteryを推奨します。
      ハイブリッド接続についての注意点などは後日まとめて記事にしようと思っておりますので、そちらもよろしければご参照ください。

      追記:Yuminaの場合はテレスコピックなのでどんなサイズのBatteryでもOKなのですが、ハイブリッド接続でもフラットトップじゃないとパーツがハマりきらないものなども有ります。そうなったばあいはアトマイザー側のコンタクトピンが確実に出っ張っていることを確認して下さい。

      1. 早速の御返信ありがとうございます。とても参考になります
        これからもレビュー楽しみにしています^^。

  2. 大変素人な質問ですみません。
    こちらのGUS MODにはiSub-SやiSub-Gのような
    クリアロマイザーでの使用はやめたほうがいいのでしょうか?
    こちらはハイブリッドモデルですが510スレッドのものもあります。
    テレスコタイプの510スレッドのモデルを購入したいのですが
    iSub-SやiSub-Gが手元にあるため使いたく考えています。
    (今はSMOK MAGNETO3で運用しています。)
    よろしくお願いします。

    1. Tommy さん
      510Threadが付いているものでしたら他のMechanical MOD同様に使用しても大丈夫と考えられます。
      ハイブリッドでクリアロマイザーを使うことが危険な点はご理解いただいているようですので、同じ要領でたとえ510Threadを噛ませたとしてもショートさせないように気をつけて使用してください。

  3. Youjinさん、ありがとうございます。
    デルリンで出来た黒いパーツは標準なのでしょうか?
    ハイブリット品用なのでしょうか?
    いいですよねこのパーツは。
    ずれないネオジムマグネットパーツのようなものですよね。

    チューブ型メカニカルMOD欲しいのですが
    お店に聞いてもクリアロマイザーを使うな、みたいな回答ばかりで
    ものすごく悩んでました。
    オーセンティックで欲しいと思っていたので金額も安くはないので
    それで事故では家族にもシャレにならないと思いずっと悩んでいます。

    1. Tommyさん
      デルリンパーツはハイブリッド専用になっています。無理すれば510Threadを噛ませたとしても使えますが意味がありませんので。

      クリアロマイザー、いわゆる大量生産品には個体差がついてまわりますので、このアトマイザーなら大丈夫だとか、ダメだとかは個人の判断に委ねられます。
      逆にRDAだってコンタクトピンが陥没しているものは十分に危険といえます。
      故にお店では安全のため一貫して周知しているといった事情もあります。

  4. Youjinさん、ありがとうございます。
    やっぱりハイブリッド専用なんですね。

    チューブ型メカニカルMOD+クリアロマイザーの運用は
    Web等で使用例などあればかなり参考になるのですが
    チューブ型メカニカルMODでは当たり前ですがRDAが付けてあるものが多く
    なかなか経験者様からの知識のおすそ分けというわけには行きません。
    色々お世話になりました。
    今後も新しい記事楽しみにしております。
    Act Vapeは写真がいいですね。僕も写真は好きなのでいつも感心いたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です